子カラスかぁちゃん保護日記=1=

6月12日(土曜日) 保護1日目

爽やかな初夏の陽射しと緑が眩しい、一年で一番好きな季節
不覚にも長引くといわれる夏風邪を引き、外出を控えた土曜日のお昼過ぎ
東隣の公園のフェンスの向こう側で突然 
ギャギャ! ギャギャギャァ~! バサバサ!
カラスが地面すれすれで激しいバトルを繰り広げて、飛び退って行った。

その事も忘れ仕事をしつつ、
3時頃から友人達が来てドッグスリングの作り方などを検討した後、庭に植えている
ルッコラが食べ頃なのと話をしつつデッキに出て、ちぎっては食味していると
Mちゃんが「葡萄棚の上にカラスが居る。多分子供みたい」と子カラスを発見。
見やると、体長25cmくらい 大人しくチョコンと乗っかっている。
恐らく、先程のバトルはこの子カラスの巣を狙われた為かもしれない。
取り敢えず、バスタオルを広げてその中に捕獲したが、大人しく鳴きも騒ぎもしない。
外傷は見当たらないが、もしかしたら怪我をしているかもしれない&考えてみたら
隣人?でありながら、どうしたら良いのかわからない。

獣医さんのスタッフが充実しているクリニックに電話をして受付の方に「カラスの子を捕獲してしまったのですが診ていただけますか・・・」と告げると、代わって電話に出てくださったのは院長先生。
開口一番「ケティママ、飼い主にならなきゃダメだわ・笑」 「へっ?!」な私。

すぐに、車で来ていたYちゃんに運転をお願いして、3人でクリニックへ向かう。
まずは元気であることが判明。
先生のご指導
・夜はダンボールや犬のゲージに入れて外敵から守り、日中は外に出すと親が来て歩行や飛行の仕方を教えるとの事 (親はあのバトルで死んでしまったのでは?と多少の不安が残る)

・エサは、細かくしたドッグフードをふやかしてピンセットで与えると良いと、実際に用意して食べさせ方をレクチ ャーしてくださる。

・野生に返せるのが一番だが難しい事。なんと院長もカラスを保護していらっしゃる(飼っている)との事
 それで、私をカラス飼いメイトに引き込もうとしているのかな?(笑)

診察室内でケティの診察券を戻してくださり、カラスからはお金を頂きませんとニッコリ仰って下さった。

6時頃に帰宅しデッキに出すと、ホンの少しはある羽力で逃走してしまい、隣家の草むらに発見。
と、ツガイの親カラス(生きていてくれてホッとした~)が、屋根の上から威嚇してきた。
「そりゃ気持ちはわかります、かぁちゃんのご両親!」
親にしたら、ちょっと目を離した隙に我が子を誘拐されたようなもの。
「夜だけ心配なので預かるので心配しないで」と、親カラスに声を出して伝え、Yちゃんとバスタオルを被り捕獲。
ペットシーツを敷き、水をたっぷり入れた大きめの器を置いたゲージに入れる。
かぁちゃんちゃんが親に見捨てられていなくて良かった。。。

夜、ネットで雛カラスの保護に付いて調べる。
カラスの巣立ちは巣から飛び立つのではなく、まず地に降り歩行訓練から始まるそう。



6月13日(日曜日) 保護2日目

朝、かぁちゃんにご飯をあげると、「アピャピャピャピャ♪」と可愛い声をだして、大きく口を開ける。
Mちゃんに「かぁちゃん歩行訓練開始」のメールをし、2人で隣の公園にバスタオルに包んだかぁちゃんを下ろす。
間もなく親カラスがツガイで見守りに来たので、お任せして家に戻る。
まだかぁちゃんの鳴き声は半人前?っぽく、声も小さい。

屋根の上から見たかぁちゃんちゃんのパパとママ
屋根ツガイ613


トットコ  トットコ 
トコトコ


ママがしっかり見守っています。
訓練614

午後2時頃そっと見に行くも、かぁちゃんの姿が見えない。親カラスが電柱の上にいたので、夕方にまた保護した方がよければ、かぁちゃんを見えるところに誘導してね!と伝える。


夕方5時半頃に再度行くも、草むらや潅木の下には見当たらず・・・Mちゃんに電話をすると、
子供達も交えた親子3人で探し周り、公園北側の3m程の高さの松の木の中段にかぁちゃんを発見したと知らせに来る。
バスタオルを持ち、包もうとかぁちゃんに手を伸ばした瞬間、全然下を気にしていなかった私は車道とは1mほど斜めの段差になっている所から車道まで転げ落ちてしまった。

かぁちゃんがいる階段横の矩面からスッテンコロンω ω ω
階段

イタタァ~!と思うよりも、みんなの前でスッテンコロリンで恥ずかしい(笑)
なんでもすごく上手な?転び方だったそうで(爆)・・・それだけがちょっぴり救いとなる(とほほ)


公園北側の柵の上のかぁちゃん。 この後、横に見える松の木に登った。
公園柵614


見守るパパママカラスに、「かぁちゃん、預かります」と伝え、かぁちゃんは家へ
ケティのバリケンにトイレシートを敷き、大き目の器にお水をたっぷりといれ
ご飯の用意をして戻ると、そこら中ビショビショで容器は空っぽ  
暑かったので水浴びをしたよう。


明日は、少しは飛べるかな? 頑張ろうね、かぁちゃん



スポンサーサイト

12:29 | 日常 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
子カラスかぁちゃん保護日記=2= | top | お天気!

comments

# からすはすごい!
ゴミステーションを荒らしまくるカラスのイメージが一変しました。
賢いし、家族愛は強いし、、、
忙しいだろうけど続編待ってます!
ばってらさん | 2010/06/21 12:05 | URL [編集] | page top↑
# びっくり
そんなことがあったのですね!
転げ落ちたケティママにお怪我がなくて何よりです。

かぁちゃんのパパとママもちゃんと見守っているようだし
野生に無事に帰れそうですね。

私も続編待ってます!

それにしてもからすってドックフード食べるんだ・・。
のぞさん | 2010/06/22 18:50 | URL [編集] | page top↑
#
うわぁ~。
カラス保護ですか~!
私、実はカラスって結構好きなんで(笑)
気付くと近くにいるカラスに話しかけたりしてます(爆)

かぁちゃん、無事にカラスの世界に戻れるといいですね。
きっとケティママの優しい気持ちがかぁちゃんとパパママにも通じますよ♪
『カラスの恩返し』があるかも( ̄m ̄〃)ププッ
ちかさん | 2010/06/25 23:00 | URL [編集] | page top↑
# ばってらさん
私もカラスへの認識を新たにしました。
教えられることがいっぱい。

もしかしたら、節度がなくルールを守らないのは人間の方かもしれないかもしれないと思いましたよ。

珍しく書く気マンマンなのですが、何せトロイ!v-12

ダラダラと長い文章を読んでくださってありがとう。
まだまだ続きが・・・・よろしくお願いしま~す。
kettymamaさん | 2010/06/26 16:57 | URL [編集] | page top↑
# のぞさん
膝と太ももに青タン 指に擦り傷くらいで済みましたお肉が付いててよかったわv-16

ふやかしたドッグフードが栄養のバランスが取れていて良いそうです。。。
賢いカラスのお蔭で、こちらも少し賢くなったわ(笑)

かぁちゃんの可愛いこと・・・ったら。
親が飼育放棄をしたら、家の子になるところだったわ。
kettymamaさん | 2010/06/26 17:04 | URL [編集] | page top↑
# ちかさん
ちかさんも、カラス好きですか?
見守り隊のMちゃんも、ホントウは飼いたいくらい好きだそうです。

私も元々嫌いではなく、フェンスに止まっている時には話しかけたりしていたけれど、
今回の事で親戚のオバちゃんみたいな気持ちになりました(笑)

私だけではなく、ご近所の人達も含めて、カラスに対する認識が変わったような気がします。

続編、ダラダラ文章ゴメン!ですが、もしよければ読んでくださいね。
kettymamaさん | 2010/06/26 17:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kettymama413.blog34.fc2.com/tb.php/33-d9b36e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)