スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

日々こと

なんだか、ブログタイトルが思いつきませんでした。

先日来、父方の弟達の妻である叔母達二人が相次いで危篤状態になり
連日病院へ顔を見に行っておりました。
今日も午後から行こうと思っていた矢先に「目を落とした」と報告が入りました。
我が家と同じく子供の居ない叔父夫婦
義理の叔母ではありましたが、とても気が合って大好きな叔母でした。
本の話をしたり、人生の先輩としてヒントになることをさりげなく教えてくれた叔母。
鈴の音を鳴らしたような笑い声も大好きで、その事を伝える度に「あらそ〜ぉ、叔母ちゃん嬉しいわ」と、
また笑ってくれるのです。
一月の末頃、叔父の居ない時を見計らい「もしも叔母ちゃんが先に逝くような事があったら、叔父ちゃんのことを
たのむね」と言っていました。
その頃から再発を感じていたのでしょうね。

平日はケティを一人にするのは心配なので車に乗せて行っていましたのから、
ほんの短時間しか居られまんでしたけれど・・・。
土日は夫が居たので留守を頼み、、アロマでゆっくりとマッッサージをしてあげる事ができました。
反応はなかったけれど、手の感触を叔母が快く感じてくれていたら嬉しいなぁ。

もう一人の叔母は60歳代で認知症になり、7年間叔父や従姉妹が介護をしておりました。
急に具合が悪くなったので検査をすると、膵臓癌の末期でした。
父もそうでしたが、多くの膵臓癌は想像を絶するような痛みとの闘いでもあります。
叔母の身体は認知症も末期のせいか、痛みを感じていないようです。
早期に発見・治療を受けて逆に痛みが発生するよりは、今の状態の方が良かったのかもしれないねと従姉妹と話し、
何がよいのか悪いのか…何が幸せか不幸せか…。

そして、東北や熊本の震災で突然の災害に見舞われた方々…のことを想いますと、
忘れがちな日々の大事さ…自分にできる事を模索したいです。

スポンサーサイト

12:20 | 日常 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
平岡梅園 | top | カート用お名前札

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kettymama413.blog34.fc2.com/tb.php/210-087bb31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。