2017年 02月
01 | 2017/02 | 03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

アーくん、安らかに・・・

大事な大事なお友達のアーサーくんが12歳のお誕生日を迎えてすぐの2月11日に、お空に旅立ちました。
1月5日に癲癇の重責発作が起きて、その原因は脳に出来た2㎝程の大きさの腫瘍でした。放射線治療も本当に頑張りましたけれど、お家でママさんの愛情たっぷりな手作りご飯を食べた後に、発作が起きて腕の中で目を閉じました。。。

ニパッな笑顔が本当に可愛くて、大ファンだったアーくん❤
いつもキラキラ光る可愛い瞳はママさんに向けられていて、ママのことが大好きで恋人だったアーくん。
札幌にもケティに会いに来てくれて、楽しい時間を過ごしたかの日…忘れません。

e0071225_18543291.jpg
画像byアーくんのママさん


e0071225_18454688.jpg
画像byアーくんのママさん

e0071225_18524246.jpg
画像byアーくんのママさん


そんなアーくんが、16日の夜に夢に出てきてくれました!
最近は夕食後にケティのマットにクッションと毛布を持ち込み、ギュギュッとくっついてうたた寝をするのがワタクシ達の蜜月タイムです。
ケティを抱き抱きしたり、お尻を向けたり、仰向けになったりして、本を読んだりグースカ寝たり・・・。

夢を見ていました。。。
【 仰向けに一人で寝ている私…場所は同じく我が家の居間で、少し陽が陰った静かな夕方の雰囲気の明るさ。
突然、突風のように走ってきた?飛んできた?透明なグミのような物体がドシンと私の上に乗ってきました。
その瞬間「アーくん?アーくんなのね!」と、目には見えないけれど、透明人間を触った時のような(経験はありませんが)感触に夢中で腕で抱いたり触りまくったりしました。
アーくん?も一生懸命に抱かれてくれて、言葉はないけれど、何故かアーくんだと確信していました】
と、目が覚めて横を見やるとケティがスヤスヤ寝ていて、いつもの光景に戻っていました。

「あっ、アーくんが会いに来てくれた!」と嬉しくって、まだハッキリ残っているアーくんの身体の感じや重さを反芻しました。
起きてすぐにママさんにメールをして、喜び合いました。
まだ今もその感触は残っていて、ハグしたあの量感の記憶は消えることがないと思います。


IMG_3484.jpg


IMG_3486.jpg


IMG_3501.jpg

アーくんがお空に上ったのは本当に切なく悲しかったけれど、会いに来てくれて嬉しかったよ。
大好きなアーくん、ありがとう。ありがとう。ありがとう。
スポンサーサイト
15:11 | 未分類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。