獣医さんでも

2月、東京の犬友さんが掛かり付けの動物病院に行った際に「鑑札や狂犬病予防注射済証票」の装着についてのアンケート調査をされていたそうです。
その時に「迷子情報も記載して、こういう物に入れています」と、当店オリジナルの
「SOS鑑札ケース」をお見せしたところ、嬉しい事に院長先生がとても感心してくださったそうです。

札幌の病院や保護体さんのイベントでも販売をさせて頂いていましたが
今回東京の病院でもお取り扱いをして頂ける事になりました。

犬友さんが、来院の際に画像を撮ってくれました。。。深謝です<(__)>
ひばり1
画像byまなまなさん


病院のスタッフさんが、とっても可愛くてわかりやすいイラストまで描いてくださいました♪^^
ひばり2
画像byまなまなさん
 

普段、ともすれば我が家のワンコに限って大丈夫と思いがちですが、
迷子になり情報がわからない為に連絡をしていても行き違いあり、悲しい結果になってしまうことも少なからずあるようです。

管理センターに収容された場合のリスクも多々ある事も知りました。
他の子から病気をもらったり、怪我をしたり、恐怖から性格が変わってしまったり・・・。

鑑札は、狂犬病予防注射済票の装着は万一、迷子になって保護されたときには犬の迷子札としての役目も果たします。
「SOS鑑札ケース」は薄くてしなやかな完全防水の素材で作製しておりますので雨雪にも強いです。
首輪や胴輪等に巻き付けて使用しますが、デリケートなワンちゃんも着けられていることすら気がつきにくいようです^^V(飼い主様情報です)
飼い主様の工夫次第で連絡先や掛かり付けの動物病院などの情報も記載もできます。

元々「アジソン病」という、毎日お薬を服用しなければならない疾患をお持ちのオーナー様から、災害を含め万が一の場合に薬も入れられるような物を作製してもらえませんか?とご相談頂いたことが作製のきっかけになりました。

大事な4本足のご家族の為に、装着率がアップしますように願っております。

スポンサーサイト
01:46 | 鑑札&迷子情報ケース | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

動物愛護フェスティバルinえべつ

9月25日(日曜日)
江別酪農学園にて、2011年動物愛護フェスティバルが開催されます。

今年も「しっぽの会」さんのブースにて、「ワンコ用鑑札&迷子情報ケース」と共に
「ニャンコ用首輪&SOS迷子札」も販売致します。
万が一の場合に備えて、迷子札の必要性が伝わってくだされば・・・と思います。


ニャンコ用首輪(☆幅10mm ☆長さ調節 サイズ調節幅17cm~27cm)
SOS迷子札は、裏面に情報の記載ができます。
猫用首輪

収益金の一部は、しっぽの会さんに寄付させて頂きます。
詳細は 「しっぽの会」のHPでご覧くださいませ。

たくさんの方のご来場がありますように。

「しっぽの会」では、ボランティアを募集しています。
 月に一回でも結構ですので「やってみたい!」と思われた方は、しっぽの会にご連絡をお願い致します。
ワンニャンのお世話やお散歩だけではなく、会報の発送などの事務仕事のボラさんも大歓迎です。
ワンニャンの☆キラキラした瞳☆が、お待ちしていますよ♪
よろしくお願い致します


22:28 | 鑑札&迷子情報ケース | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2010動物愛護フェステバルin江別~

天気予報では気温も低く一時雨とのことでしたので、まだ9月というのにババシャツの上にウールのトックリセーター更にベスト&その上には厚手のジャケット・・・
しかもホッカイロまで持参。寒さ対策は万全!で臨みました。
どんだけ寒がりなのでしょうね(笑)

参加メンバー
kettymama・マリン&ノアママ・ケティ社長・ノアさまの2人+2匹


寒さに弱いマリン部長は急遽欠勤となり~
お名前札マリンのみ

ゴールデンのノア  
ノアペロンマリン



ケティしゃちょうスカルお名前札
お名前札ケティのみ

上のお名前札と似てる?っかな?の、ケティ社長
ケティニット帽子

このおふたりさんが頑張ってくれました。

この画像は、今日は不参加のアフロなトイ・プーのくぅちゃん(チラリと友情出演です・笑)
お名前札アフロちゃん



8時15分頃に到着すると、すでにしっぽの会のメンバーも何人か到着しており
いつもながら作業はテキパキと、皆さんが気持ち良く動かれています^^

テーブル等のセッテイングをしている内に、あっと言う間に10時の開催時間となり、
慌てて自分のショップのグッズをディスプレイ~(汗)

広い会場には沢山のワンコ連れの方で大盛況です。
しっぽの会のテントも大人気!^^ 
沢山のお友達ワンコにも会えました。ありがとう~

ケティ社長も年齢詐称の「3年しゃちょう」Tシャツ(実年齢はもうすぐ10歳なのに)を着て
テーブルの下で頑張ってくれました。
ちょっと離れた木に繋いでいたら、いつもと違い「かあしゃ~ん!」と叫んでいましたけどね。。。
ゴールデンのノアは、いつでもどこでも「看板犬」をこなせる穏やかな男子です。

マリン&ノアママとは、交代で会場内を見てみようねと話していたのですが、
とてもそんな優雅な状態では無く、気がついたらお昼もとっくに過ぎていて
慌てて交代で学食に駆け込み、あ~~~っという間にお開きの時間に!


今回も前回の紀伊国屋書店のイベントに続き、
 「鑑札&迷子情報ケース」 (HPにリンクしています)の販売をさせて頂いて気が付いたことは
使用説明を記載した大きめサイズのものを掲げていても
こちらからアピールしないとお客様からは「これ何? どうやって使うの?」と
パッと見に分かりにくく、説明すると納得してご購入される方がほとんどだという事でした。


紀伊国屋のイベントで、猫用のSOSのご相談もお受けしたので作製してみました。
猫ちゃんの方が、より狭い所をスルリと通り抜けしたい性質がある為に、ぶら下がりタイプではなく、
なるべく首輪にピッタリしたものを装着したいとのご希望でした(画像首輪幅は10mm)
猫用sos
地味に啓蒙活動を頑張ろう!と改めて思いました。

本日売上金の内から30%を「しっぽの会」さんへ振り込みさせて頂きました。
お買い上げいただいた皆様、有難うございます。


撤収作業も終了し、ノアとケティを可愛がってくれた高校生の女の子達と写真を撮り
酪農学園ケティ横向き

誰も居なくなった午後からは陽射しの戻っった構内を散歩すると、
澄み切った高い空に浮かぶ雲形や、葉を繁らせた木々が緑の芝生に作る濃い影に、
ふっと今年最初の「小さな秋」を見つけたのでした。


01:47 | 鑑札&迷子情報ケース | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2010動物愛護フェスティバル

爽やかな風が初秋を告げる気持ちの良い季節がやって参りましたね。

秋空の下で、こんなイベントが開催されます
お時間のある方は、是非いらしてみてください。

2010年09月23日(木) 秋分の日
動物愛護フェスティバル2010 10:00~16:00

場所:さっぽろばんけいスキー場 (札幌市中央区盤渓410番地)
主催:札幌市 札幌市小動物獣医師会
後援:(社)北海道獣医師会 さっぽろ獣医師会




2010年9月26日(日)
2010動物愛護フェスティバルinえべつ 

時:月26日(日曜日)
場所:酪農学園大学ローン広場
主催:江別市小動物開業獣医師会  酪農学園大学
共催: 北海道石狩振興局 江別市
後援:(社)北海道獣医師会 さっぽろ獣医師会 江別市教育委員会



26日の江別のフェステバルには、「しっぽの会」のブースで参加します。
当日会場でお会いできると嬉しいです。

13:30 | 鑑札&迷子情報ケース | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

イベントを終えて

お盆に、紀伊国屋札幌店で開催された「しっぽの会」のイベントには
1473名の方がご来場くださいました。
6日間の開催期間に、その人数が多いのか少ないのかはわかりませんが、
その内、ご署名くださった方が1090名(約74%)でした。
これは嬉しい数字なのではと思います。

会場は、東側がガラス面に面した広く明るいスペース
私のお手伝いに行った14日の初日トークイベント終了後は、
「さぁ~!沢山来てくださるかなぁ~!」と気合たっぷりに待っていました。
モチロン、一気にドドドッ~!と(笑)

それ以外のお手伝いの2日間も途切れることなく、ゆっくりじっくりと時間をかけて
丁寧にご覧くださる方が多かったように思いました。
それが署名の数に現れているのかもしれませんね。

初日は色々な事をご質問をいただいても、わからなくてヘルプを頼む事も多々あり
ごっ ごめんなさい(汗)

 展示時パネルの里親さんと一緒の写真に、
 ずっとHPを見て気になっていた子だったので、幸せな姿を見る事ができて嬉しい。
 自分は年齢も高くて里親にはなれないけれど、なにか出来ることはないでしょうか。
 この子の今の状態はどうですか?(保護当時の写真を見て)
  などなど

管理センターでの動物達の命を終えさせるシステムや
センター内で保護当時のボロボロな身体の状態など
穏やかに正視できないパネルもあるにも関わらず・・・
なんだかとっても、暖かな気持ちが通い合った空間のように感じました。
あくまで個人的感想ですが。

まずは知ることからという事を皆さんが踏まえてご来場くださったからなのでしょうか。
興味のあるなしは別として、
知らなければ、
どうして?なぜ?という疑問も沸かず、
じゃあ、どうしたらよいのかな?と、いう事にも繋がって行きようがありませんよね。

初めてお会いするボラさんと話していても、ご来場者の方とお話ししていても
シリアスな話も明るく、涙の中にも笑顔が浮かびます。
皆さんが家族に迎えたペットとのかけがえのない日常を過ごされている
又は、その経験をお持ちになっているからなのでしょうね。



お墓参りや市内の実家へ行ったりしながらのバタバタな数日間でしたが、
身体には疲れが残っていたものの、精神的にはとても有意義な時間を過ごさせていただきました。

ケティ社長は、保冷剤入りのバンダナを首とお腹に巻き、
出掛ける時は「あたしもお手伝いに行くだすよ~」と張り切るのですが、
玄関を出たかあしゃんが忘れ物を取りに戻ると・・・
さっきの態度とは裏腹に、
 【勝手に乗ってはいけないソファに、ゆった~りと横におなりになり、
  かあしゃんを見上げて「あ”っ ヤバッ!」的な視線をくれてました】

オヤツもいつもより大盤振る舞いしてもらい、
10歳も近くなると、かあしゃん共々厚かましくなったねぇ。
でも、その厚かましさも可愛いったらありゃしない親バカです

01:24 | 鑑札&迷子情報ケース | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

しっぽの会イベント開催のお知らせ

8月14日(土)~19日(木)までの間、紀伊国屋書店札幌店2Fギャラリースペースにおいて、
「しっぽの会」のチャリティイベントが開催されます

詳細は「しっぽの会」のHPでご覧くださいませ。

このイベントを幅広く知っていただく為に、このブログを覗いてくださった皆様が、
ご自身のHPやブログでご紹介くださると嬉しいです。



しっぽの会ポスター



01:09 | 鑑札&迷子情報ケース | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鑑札&迷子情報ケースについて

HPにも載せている鑑札&迷子情報ケースと迷子お名前札に関しては、自分なりに熱い思いがあります。
万が一の場合に役立つものとして皆様に提供できるものである!と自信を持ってお勧めできるように、動物管理センターや獣医師にも意見を求めたり、機会があれば色々な方のご意見やアドバイスを受けています。

こういったグッズを愛犬に装着してくださる方は、動物を家族として大事にされており
「家の子が迷子になりませんように」と願うのに対し、
悲しいかな・・・ペットを捨てる方もいるのが現実です。
管理センターで処分される犬の中には迷子犬も多く、もう少し早くに飼い主さんがわかっていれば・・・
という残念な場合も少なくないそうです。

万が一ケティが迷子になっ場合は、すぐに最寄の警察署やら管理センターに連絡を入れたり、四方八方それこそ血眼になって探し回ります。
もしも、管理センターにたどり着いたとしていても処分される前には必ず救い出します。
期限内に飼い主さんからの連絡のない犬は、一体迷子なのか?それとも捨てられたのか?
「家の子はいつもチョチョっと一人散歩が好きだから」と、お思いになる方もいらっしゃると思いますがが、万が一を考えませんか?


鑑札&迷子情報ケースに同封する説明書作製してみました。
今後は、ケースに、40x80㎜サイスの透明なPP袋をセットにして、この説明書と同封します。
小型化された「狂犬病予防注射済証」も、この透明なPP袋に入れてケースに挿入すると、
落下することなく、より安全かと考えます。
PP袋に油性ペンでオーナー情報などを記載し、インクの保護の為に、ご家庭にある荷造り
用の透明テープやセロファンテープをお貼り下さい。
保護をしないと、擦れたりインク写りがおき、情報が不鮮明になってしまいますのでご注意下さいませ。



鑑札&迷子情報ケース

これで、皆さんに使い方をご理解して頂けるかな?
ご意見をお寄せください(__)


20:10 | 鑑札&迷子情報ケース | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑